国内シンポジウム

●市民公開シンポジウム

年度 会議名 実行委員長 開催日 会場
平成18年度 神経難病治療の進歩
(神経の病気はここまで治る)
祖父江 元 名古屋大学大学院 教授 18.10.15 名古屋国際会議場
平成17年度 炎症性腸疾患の理解と克服 日比 紀文 慶應義塾大学 教授 18.2.19 東京よみうりホール
平成16年度 脳卒中を知る
(その克服に向けて)
水澤 英洋 東京医科歯科大学 教授 16.10.23 砂防会館ホール
第二回日本神経疾患医療福祉従事者学会
(神経疾患患者のQOLの向上を目指して)
岡谷 恵子 (社)日本看護協会 専務理事 17.2.5 有明ビックサイト
平成15年度 生活習慣病から身を守る
(1.高血圧・糖尿病から身を守る
 2.心臓病から身を守る)
北畠 顕 北海道大学 教授 15.10.18 北海道札幌市道新ホール
平成14年度 遺伝病の克服を目指して
(臓器移植でどこまで治るか)
池田 修一 信州大学 教授 14.9.27 ホテルブエナビスタ
平成13年度 こどもの病気
(医療の現状と将来展望)
鴨下 重彦 国立国際医療センター 総長 14.1.25 全国都道府県会館
平成12年度 難病とQOL
(生活の質(QOL)の向上をめざして)
福原 俊一 京都大学大学院 教授 13.4.15 日本都市センター会館
平成11年度 子どもの難病-医療の現状と課題 鴨下 重彦 国立国際医療センター 総長 12.1.28 全国都道府県会館

 ●一般シンポジウム

年度 会議名 開催日 会場
平成10年度 設立25周年記念講演会
(難病研究25年の成果と展望)
11.1.29 帝国ホテル
平成9年度 難病研究の進歩Ⅷ
(診断・治療からケアまで)
10.1.28 国際研究交流会館
平成8年度 難病研究の進歩Ⅶ
(病体の解明と治療戦略)
9.2.14 国際研究交流会館
平成7年度 難病研究の進歩Ⅵ
(難病治療の新しい展開)
8.1.31 国際研究交流会館
特別講演:阪神大震災の精神医学への衝迫 8.1.31 国際研究交流会館
平成6年度 難病研究の進歩Ⅴ
(難病治療とオーファン・ドラッグ)
7.1.24 国際研究交流会館
平成5年度 設立20周年記念事業 難病対策の今後に向けて 5.10.8 平河町マツヤサロン
設立20周年記念事業 医の倫理ー生命倫理と医学 6.1.14 東京厚生年金会館
平成4年度 難病研究の進歩Ⅳ 5.1.29 国際研究交流会館
平成3年度 難病研究の進歩Ⅲ 4.1.31 国際研究交流会館
平成2年度 難病研究の進歩Ⅱ 3.1.21 国際研究交流会館
平成元年度 難病研究の進歩Ⅰ 2.1.19 京王プラザホテル
昭和63年度 神経難病の基礎研究と臨床応用へ向けて 1.1.21 国際研究交流会館
昭和62年度 設立15周年記念事業 難病研究の軌跡と成果 62.12.12 全社協ホール
昭和61年度 難病治療の戦略 62.1.10 帝国ホテル
昭和60年度 バイオテクノロジーの進歩と医療の将来 61.3.14 帝国ホテル
昭和58年度 設立10周年記念事業 21世紀の社会と健康 58.1 経団連会館
昭和57年度 生命科学の発展と医学 58.1.22~1.23 都ホテル東京
昭和56年度 生命のみかた 57.1.16~1.17 帝国ホテル
昭和55年度 成長と発達 56.1.17~1.18 帝国ホテル
昭和54年度 個体と集団 55.1.19~1.20 帝国ホテル
昭和53年度 脳と心 54.1.20~1.21 帝国ホテル
昭和52年度 老化 53.1.28~1.29 帝国ホテル
昭和51年度 遺伝と環境 52.1.22~1.23 帝国ホテル
昭和50年度 医学と医療 51.1.24~1.25 ホテルニューオータニ
昭和49年度 人間と病気 50.1.15~1.16 帝国ホテル

▲ページのトップへ