事業活動

 当財団では、難治性疾患等に関する調査研究の積極的な推進、学術団体との連携・協力及び、情報の収集、提供並びに知識の啓発普及等医学研究の積極的な振興を図ることにより、国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的とし、下記の事業を行っています。

●医学研究奨励助成事業

 難病に関する基礎・臨床・予防分野でその研究成果が難病の成因や病態の解明及び患者を対象とした診断や治療に有用な影響を与えるものと期待される若手研究者を対象に、毎年、公募要項を定め、推薦者を経て研究課題を公募し、専門家で構成される審査委員会において審査のうえ「医学研究奨励助成金」を贈呈しています。(但し、がん(小児がんを含む)、生活習慣病、精神疾患等は対象としない。)

●国際シンポジウム等開催事業

 国内外の難病に関連した研究者による調査研究成果の発表と討論の場として国際シンポジウムを開催しています。

●難病情報センター事業

 難病情報センターでは、難病の患者に対する医療等に関する法律に基づき指定された指定難病の解説や各種制度の概要及び各相談窓口、連絡先などの情報を厚生労働省などの支援によりインターネットで広く国民の皆さんに提供しています。

●広報・出版事業

 財団の活動報告について「難病研究財団ニュース」を発行し、関係機関に情報提供を行っています。

▲ページのトップへ